【重要】家庭ごみの搬入制限について

掛川市、菊川市のごみ処理施設「環境資源ギャラリー」は、施設稼働から15年目を迎え、6月末から機能回復工事を行う予定であります。しかし、施設の老朽化に加え、新型コロナウイルスに伴う各家庭からの片付けごみ増加により、5月末に機器の詰まりや亀裂等、想定外の故障が発生しました。
そのため、当施設の焼却炉では家庭ごみの全てを処理することができず、燃えるごみが貯留槽(ごみピット)の最大貯留量を超えることが予想されました。 つきましては、市民の皆様には大変ご不便おかけしますが、

6月8日(月)より当面の間、家庭ごみの直接搬入をお断りします。

事業者の皆様につきましても、ごみの排出量を減らし、なるべく燃えるごみが少なくなるようお願いいたします。


個別の事情につきましては、環境資源ギャラリーまでご相談ください。
また、これに伴い6月5日(金)から機能回復工事を含めて約2ヶ月間、掛川市、菊川市に「ごみ処理非常事態宣言」の発令を依頼するとともに、燃えるごみの一部を静岡市に協力をお願いし、焼却することとなりました。
市民の皆様には大変ご不便をおかけいたしますが、何卒ご理解、ご協力お願いいたします。

なお、「ごみ非常事態宣言」の詳細は両市のHPをご確認ください。

トップへ