【重要】8月4日より家庭ごみの搬入再開について

環境資源ギャラリーの焼却施設の故障に伴い、令和2年6月8日から環境資源ギャラリーへの家庭ごみの直接搬入を制限しておりましたが、焼却施設の補修工事が当初の予定どおり終了する見込みとなったことから、

8月4日(火)より家庭ごみの直接搬入を再開します。

事業者の皆様につきましても、ごみの排出量を減らし、なるべく燃えるごみが少なくなるようお願いいたします。それに伴い、掛川市、菊川市より発令中の「ごみ処理非常事態宣言」についても8月3日をもって解除となり、静岡市へお願いしていた燃えるごみの処理委託も終了します。


市民の皆様には、約2ヶ月間にわたり、多大なるご負担とご心配をおかけいたしました。また、この間のごみの分別、減量へのご協力、誠にありがとうございました。

なお、「ごみ非常事態宣言」の詳細は両市のHPをご確認ください。

<皆様へのお願い>

  • ため置いていただいたごみは数回に分けてお出しください。
    ※一度に大量のごみが出されると収集や焼却に支障が出てしまいます。
  • 引き続きごみの分別、減量にご協力をお願いします。
  • 宣言解除後は大変混雑が予想されますので、集積所に出せるごみは、環境資源ギャラリーに直接搬入せず、できる限り集積所に出してください。
    ※環境資源ギャラリーではライブカメラを設置しており、いつでもごみ搬入車両の待機状況をご確認いただけますのでご活用ください。

燃えるごみの収集量

収集量:約3,873トン(6月5日から7月24日まで)

前年度比:12.9%減


環境資源ギャラリーから静岡市への搬出量

搬出量:約1,855トン(6月5日から7月24日まで)

トップへ